パーツと対策グッズを活用する

ファンの回転数をあげる

パソコンは負荷のかかる動作をすると、それだけ熱を発します。
ある程度の熱であれば、問題なく動作をしてくれますが、熱が一定値を超えると動作が不安定になったり最悪パソコン自体が壊れてしまうこともあります。
特にゲームのような負荷の高いソフトを起動させると、それだけパソコンは高温になりやすくなるためしっかりと熱対策をする必要が出てきます。

熱対策をする上で有効なことはファンの回転数を上げて、風量を増やしより冷却効率を高めることです。
風量を増やすためには大きく分けて2つの方法があります。
ひとつめはソフトウェア上からファンを制御して風量を増やす方法です。
通常の設定ですと、騒音が大きくならないために風量が抑えられている設定になっています。
そのため、風量の設定を強くすることで回転数増やすことができ冷却効率がアップします。

もう一つの方法がファン自体をより高性能で回転数の多いものにかえることです。
これは単純に冷却性能がアップするので、とても効率よく冷却することができ熱対策効果も非常に高いものとなります。
パソコン比較サイトで紹介されているようなデスクトップやノートパソコンをそのまま注文するのもいいですが、熱対策のためにカスタマイズ画面でファンを高級なものに変更したり、水冷CPUを選んだりするのも有効です。

パソコンにかぎらず電子機器は熱に弱いものですので、安定して使うためにはしっかりとした対策を心がけることにしましょう。

熱対策サポートグッズで安心に使う

パソコンは、その構造上どうしてもCPUが高温になります。デスクトップ型の場合は、大型のファンがついていて、中に外気を取り込んで熱対策としていますが、ノートパソコンだと標準でついているファンだと弱いものがあります。機種によっては、ちょうど手のひらをのせるところにCPUがあって、熱くて落ち着いて使えない機種もあります。このような機種には、熱対策のサポートグッズを使用することで、安心して、安定して使うことができるようになります。
熱対策で一番多いタイプは、本体を載せる台の下に、強制的に換気させるファンがついているものです。ノートは、テーブルに設置する底の部分に吸気用のファンがついていることが多いので、テーブルから少し浮かして、外部のファンで強制的に換気できるグッズを使うとなにも使わないより効率的に冷やすことができます。
パソコンにとって、CPUが発生させる高熱は熱暴走の原因になります。その熱暴走は、内部の高温になった空気を外部に効率よく排出することで対応できます。グッズを使うのもいいですが、周囲の空気の流れがよくなるように、ちょっとパソコンまわりを整理・掃除することも、熱暴走を抑えるポイントです。